【茨城】大洗でエアロクイップのウェットスーツをオーダーしてみた




昨日は大洗に遠征。

目的は「エアロクイップ」のウェットスーツをオーダーすること。
セミドライは一年内で約半年は着るし、他のウェットよりも精度が求められるので重要。
シーガルや他の夏用のウェットは少しくらい破れれても大丈夫ですが、セミドライとなるとそうもいかない。

しかし、べらぼうに高い。

セミドライは昔から色々なメーカーのものを2〜3シーズン毎で購入していましたが、数年前に「エアロクイップ」のウェットを頼むようになってからちょっと変わりました。

「エアロクイップ」はとにかく安い。
他のメーカーのセミドライが10万円コースなのに対してフルオーダーでも5万以下。

「安かろう悪かろう」では意味がありませんが、意外にいいです。

「エアロクイップ」は昔、有名なプロが着ていたのでアラフォー、アラフィフのサーファーなら知っていると思います。
若い頃は気にしてませんでしたが、購入を検討している時に調べてみると茨城のメーカーでした。
水温が低い場所でこれだけ長い間やっているのだから、悪い訳がありません。

「エアロクイップ」での最初のセミドライは5ミリ/3ミリのノンジップ。
そして、昨年オーダーしたのは6ミリ/4.5ミリのバックジップ。
ここのオーナーさんは分かっているので、バックジップのクラシックモデルはマークなしのブラックにすると結構渋いです。

今時バックジップ?と思う方もいるでしょうが、首に一枚あるので、海水の侵入は気になりません。
心配だった6ミリの動き辛さもロングボードだからか、さほど気になりませんね。
生地は2種類あって、1万円ほど安いモデルにしましたが、問題ありませんでした。
耐久性もまずまず。

10万円コースのセミドライを2シーズンサイクルで使うなら、「エアロクイップ」のウェットを1シーズンサイクルで使った方が性能は良いと思います。
もちろん、海に入る環境によっては2シーズン、3シーズンでも使用可能かと思います。

今回、オーダーしたのは妻のウェット。
自分のウェットはMLベースで昔は計測したオーダー表でネットでの注文でも問題ないのですが、妻は体型が変わりやすく、いつも「ここが緩い。ここがキツイ」などクレームが自分にくるので、一回測ってもらおうとアポを取って工場へ。

場所は大洗の国道51号沿い。
マックの近くです。

「ネスト」というサーフショップの看板(確か、昔沼尻プロが経営していたお店かと」が出ています。
楽天のショップ名は「ROCK 5 SURF」なのが謎です。

店内に入るとウェットスーツがずらっと並んでいます。
完全にウェット工場です。

妻がサイズを測って頂くのに女性の方が良いというので聞いてみたら、14時過ぎならいるとのこと。
多分、奥さんだと思いますが、その方に測って頂き、お店で全て支払いまで済ませてきました。

今回妻がオーダーしたのはクラシックモデルのバックジップ。
裏地は「コンクエスト」という良い方で、42,800円
インナーネックが3,000円
フルオーダー5,000円
防水ファスナー4,000円
合計54,800円
これに消費税ですが、キャッシュレス割引がありました。
paypayも使えます。
今だと納期は18日前後。

11月に入ると総じてウェット工場は混むので、年内確実に欲しいなら早めが良いですね。

楽天の方はまだキャッシュレス割引申請中なので、10%だそうです。

ちなみに裏地が安い方だと33,880円
インナーネックは付いてくるので更にお得。
こっちは合計でも5万円以下です。

セミドライ以外は「AXXE Classic」のノーマークが多いですね。
スキンが柔らかくてこちらもオススメです。

大洗に行ったついでにと海の用意もしていきましたが、北東強めでNG。
ノーサーフでひたちなかのジョイフル本田などがある複合施設へ。
スポーツオーソリティ、ペットシティ、ジョイフル本田と巡ってきました。
平日なのに駐車場は結構一杯。
ここ映画館もあるし、凄いですね。

その後はNさんに教えて頂いた「そば処 武山」へ。
手作り感満載の天そばをお腹いっぱい頂きました。
看板猫の鳴き方が我が家のクロちゃんと同じ癒されました。


人気ブログランキング

 

「そば処 武山」古民家風というか、もろ古民家

「そば処 武山」の人懐っこい看板猫

 

大貫は北東風でNG

ひたちなかの複合施設 とにかく広い

51号沿いから見える巨大像「ダイダラボウ」



コメントを残す